バッシュの選び方をポジションや機能に合わせて詳しく解説

普段、どうやってバッシュを選んでますか?

私の場合はノリとデザインで選んでました(笑)

しかし、これだと足を痛めたりバッシュの寿命を短くしてしまったりとマイナス面しかないんです。

なので、この記事では本当に正しいバッシュの選び方を紹介していきます!

ぜひ参考にしてください。

バッシュの選び方で大事な3つのポイント

バッシュ選びに大事なのポイントはたったの3つです。

  • ポジション別に選ぶ
  • アジア人向けのバッシュを選ぶ
  • 自分の足より1~1.5cm大きい物を選ぶ

では1つずつ説明していきます!

バッシュはポジションによって選ぶポイントがある

まずは、自分のポジションに合った適正を持つバッシュを選びましょう。

ガード用のバッシュ

  • 軽量
  • 屈曲性
  • クッション性

ガードは1番スピーディに走り回ったり、ドリブルをついたりしなければいけません。

なので、軽さとクッション性はとにかく大事です。

軽いバッシュって、持ってみるとめちゃくちゃ軽いですよね。

MEMO
屈曲性=ソールが曲がりやすい

フォワード用のバッシュ

  • 軽量性
  • グリップ性
  • クッション性

フォワードは1番オールラウンドな機能が重要になってきます。

MEMO
グリップ性=どれだけ地面を強く蹴れるか

急に切り返すときに、どれだけギュッと止まれるかはグリップ力が大事です。

センター用のバッシュ

  • 耐久性
  • クッション性
  • 安定性

センターはゴリゴリの力仕事です。

なので耐久と安定はとにかく大事ですね。

リバウンドの着地で足や膝を痛めないためにクッション性も大事になってきます。

MEMO
耐久=バッシュの丈夫さ

安定=足元がどれだけ安定するか

注意
耐久性はセンターでなくても最低限は大事です。

具体的な商品名は怒られそうなんで言いませんが、ひどいバッシュだと1ヵ月くらいで壊れます。誰でもしっているようなバッシュだけに意外でした。ただ履くってよりオシャレバッシュっぽい商品なので、そういった面も原因なのかもしれません。

アジア人向けを選ぶこと

次に、実はアジア人向けのバッシュがあるって知ってましたか?

私はこれ初耳だったんですが『EP』や『PF』ってマークがついてるバッシュがアジア人向けのバッシュになっています。

なので「これに決めた!」ってバッシュがEPになっているか、しっかり確認してから購入しましょう。

自分の足より1~1.5cm大きい物を選ぶ

スポーツ用品店に行けば、足のサイズを測る道具を貸してくれます。

なので、自分の実際の足のサイズをしっかり把握しておきましょう。

そこから、1cmほど大きい物を買えばOKです。

足が26cmなら27cmのバッシュを買いましょう。

おまけ、デザインもやっぱり大事

最後はやっぱりデザインです!

見て履いてテンションが上がるバッシュではないと練習にも身が入りません。

最近は選手モデルのバッシュも多く、かっこいいものばかりです。

ぜひ「クゥゥ~こいつはかっこいいぜ!」って商品を選んでください。

MEMO
いろいろ書いてきましたが、バッシュはできるだけ試着してから買いましょう。ネットで買って履いてみたら思ってた感じと違った!という失敗をなくすためです。ただ今まで書いてきたことを実戦していただければ、ネットで買うとしても極端な失敗は減るはずです。